2018年1月7日日曜日

今も残る新潟交通電車線の架線柱

2018年1月1日 燕市内 燕駅から新潟交通電車線を利用した廃線跡を少し入ったら道路が途切れて歩道になり架線柱が!通常水田地帯では旧灰方~小中川付近で見かけるがまさかしがちにも残っていたとは驚き!ちなみに廃止になったのは平成5年(1993年)7月末日ですでに24年が経過している。この歩道は市街地が切れて水田になると廃線跡そのままとなる!一部に橋梁跡が枕木付きで残っているのでこちらも必見である。

0 件のコメント:

コメントを投稿