2018年3月28日水曜日

荒川体育館 D51 735 一般公開

2016年3月25日 村上市の荒川体育館 ふだんは締め切られた庫の中に保存されている、坂町機関区配置だったD51735の公開がされるので見学した。
この機関車はふだんはまったく見ることもできない代物なので疲れた体に鞭を入れて坂町のこの場所にやってきたのである。
D51735は長工デフがポイントである。門鉄デフとはまた違った美しさがある。
この日運転台も公開されてかなりの数の見学者があった。案内のOBさんによると24日は160人ほどの来場があったという。保存機関車にしては上々といえる。
経歴と保存にかかった費用を記したボード。坂町駅から米坂線の線路を使って仮設線路を敷いてこの場所に運び込んだという。
当初は年中公開していたが盗難事件が発生したため通常は閉鎖しておくことになった。
(以上 OBさんの談)

**ご案内されていたOBさん 電気機関士さんだったようで羽越本線のEF81の乗務をされていた。
長工デフ
プレート
キャブで開設に当たる坂町機関区OBさん
現役時代のこと、機関車の機器の説明、運転時刻表の味方の説明など講話されていた。

ふだんは秘仏状態の保存機関車を見学できてよかった。
このあと村上からの編成の回送を撮影し機関車の転車台に向かった。

3月31日の新潟日報によるとこの保存機関車の見学に訪れた人は2日間で400人だったそうだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿