2018年4月1日日曜日

越後線と弥彦線の115系

2018年4月1日 弥彦線燕付近 227M   N35とN40の6連である。115系の6連は越後線1往復(新潟~吉田~柏崎)と弥彦線1往復(東三条~吉田)
越後線寺泊にて 左手N34は吉田行き(129M)、右手N38は新潟行き(139M)である。
時間がかなり空くので越後交通線の廃線を眺めてから吉田へ。
飯豊の山を背に115系6連の226M吉田行きが。弥彦線では唯一の開けた場所である。
耕される前の水田。すでにあちらこちらでトラクターが動き始め今年の稲作が始まろうとしている。
分水付近の寺泊発新潟行き139M N38 
弥彦山を背に走る。かつてEF64のお座敷があった時よくここで撮影していた。それ以来かもしれない。

おまけ~春の花々
東京など関東、富山で桜が満開というが越後の地ではようやく梅が咲いた。
今年は春が遅いがいきなり暑くなる傾向がある。桜が咲いても短命なのでは・・・
寄せ植え・・・・いままでは白い世界で3月なり雪が消えて土のみの正解だったがやっと花が咲き華やかになってきた。
つつじ・・・・保内の緑化木農家が育てたものである。
道の駅にて。
雪割草~ピンクと紫
雪割草~白









0 件のコメント:

コメントを投稿