2018年4月30日月曜日

国鉄色気動車キハ48523+キハ47514

 2018年4月30日 新津駅にて 磐越西線の会津若松からの列車が到着。客扱を終えて入庫のため動き出した。急行色はキハ48523 窓の下の赤い帯が太すぎるのが今ひとつであるが2扉の車両のためかどことなく急行型に見える。
朱色のキハ47514 本日は珍しく国鉄風の編成だった。朱色の車体もだいぶくすんできた。
キハ471514 近郊型仕様の急行色編成キハ66、67を思い出させる。 車内は通常のボックス式の座席であるが。キハ66,67は転換式座席で冷房完備だった。国鉄時代としては大盤振舞な車両だったが重くて製造コストもかかるためか筑豊の15ユニットのみの増備だった。キハ40、47は冷房無で座席はボックス席の一般型として増備された。車体が重くなり機関出力もそれほど大きくなかった(220PS)がそれまでの気動車よりはましな構造だったため好評だったようだ。
キハ40587のATS=Pの表示。乗務員の扉の赤い帯の下に表示されている。新潟駅に乗りいれが可能な車両である。115系もATS-Pが無いものは全て使用終了している。

0 件のコメント:

コメントを投稿