2018年7月8日日曜日

弥彦線北三条付近の115系N37編成

2018年7月8日 小雨の朝 弥彦線225M 最近は弥彦線ばかり狙っている。風光明媚な区間は吉田~東三条間には無く低層住宅と町工場や倉庫の中を走り抜けるだけの単調な路線。
燕三条から来た列車は築堤とトラスの橋で信濃川を渡って高架区間に入るがいったん踏切りのある県道と並行する区間を走る。ここは信濃川の堤防の一部。そのあと東に進路をとって北三条に到着。後ろの樹木は八幡宮のちかくのものだ。
東三条から寺泊に向かう224M 燕駅のホームには夏祭りの提灯が。梅雨が明けると夏本番だが今年の梅雨は立ちが悪く西日本は大きな被害に見舞われた。

本日の楽しみは226M 燕駅の跨線橋から。115系N38編成の湘南色がやってきた。
後ろは「懐かしの70系新潟色」N40編成。70系新潟色はあまり見る機会もなく引退してしまいこの塗りわけも撮影していない(と思う)
115系となって帰ってきたので機会があれば狙っている。




0 件のコメント:

コメントを投稿